人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

2010年08月28日

衝撃!!想像以上の変態性!ジャニー喜多川の性奴隷の実情!

芸能界を牛耳る巨大アイドル帝国・ジャニーズ事務所。
鉄のベールに包まれた帝国の光と闇とは・・・・・・・・[PR]詳細


続きを読むranking















――芸能界を牛耳る巨大アイドル帝国・ジャニーズ事務所。ジャニー喜多川社長率いる、この帝国からは数々のスターが誕生した。
郷ひろみ、近藤真彦、田原俊彦、少年隊、光GENJI、SMAP、そして嵐――。

しかし、この帝国の内政が語られることは決してない。
鉄のベールに包まれた帝国の光と闇を、数々の ジャニーズ非公式本から探っていく。[PR]FC2BLOG


 ジャニーズ暴露本の歴史の中で、ジャニー喜多川の変態性をもっとも生々しく描写し、ジャニーズ事務所の異常なタレント育成環境を詳細に綴っているのが、この『Smapへ』(鹿砦社、2005年)である。



著者の木山将吾氏は「元・光GENJI」とされている。
そんなメンバーいたっけ? と思われるのも無理はない。
彼は、ジャニー喜多川の寵愛を受けて光GENJI入りが決まり、ポスター撮りまで済ませていたものの、"ある出来事"をきっかけにデビュー直前にメンバーから外された、幻のメンバーなのである。

当時、木山氏はジャニー氏一番のお気に入りで、取材陣の前でも膝の上に座らされ、食事もジャニー氏の手で口に運んでもらっていたという。
そして、夜はジャニー氏の欲望の捌け口として濃密過ぎる時間を過ごしていたというのだ。
彼は、そんな生活を余儀なくされた15〜17歳の2年間を振り返り、
「ジャニー喜多川の愛人だった」[PR]ノエル
「性の奴隷だった」

と表現している。


【画像】ジャニー喜多川⇒ranking
【画像】ジャニー喜多川⇒ranking
【画像】ジャニー喜多川⇒ranking
【画像】ジャニー喜多川⇒ranking
【画像】ジャニー喜多川⇒reading

しかし、木山氏の告白は、「愛人」「奴隷」という言葉が生易しく聞こえてしまうほどの、まさに地獄以上の体験に満ちているのだ。

初めて合宿所を訪ねたその日に、ジャニー氏と一緒に風呂に入らされ、全身をくまなく洗われる"泡風呂の儀式"と、入念なマッサージの洗礼を受けた木山氏。
なんかおかしいなと思いながらも、デビューをほのめかすジャニー氏の言葉に酔いしれ、大きな問題としてとらえようとしなかったという。


■「これだけのことに我慢したら、アイドルとして成功しなければ」

そんな木山氏に、ジャニー氏がその毒牙を剥き出しにして襲い掛かるのに、時間はかからなかったようだ。

二回目に合宿所を訪ねると、ジャニー氏は木山氏を後ろから抱きしめ、硬くなった股間を"まるで発情した犬のように"太ももに擦り付けてきたという。
そして、そのまま擦りつけ続け、なんと服を着たままズボンの中で果ててしまったというのだ。

そして三回目に訪ねたときには、ジュニアたちが寝泊りする大部屋で舌技をしかけられ、木山氏はその口に発射してしまうことになる。
一回目の"泡風呂の儀式"のときに、
「すぐにデビューだよ。雑誌のインタビューがあるからね」と言っていたジャニー氏は、本当に、その直後に、木山氏をアイドル誌の取材で雑誌デビューさせていたという。

『ジャニーさんはそれをゴクリと飲み込んだ。(中略)相手は六十歳の男だった。でも、それが、この合宿所では当然の夜の儀式だった。タレントとしてデビューするための......。』
 
その後は、どこへ行くにもベッタリで自らが運転する車の中でも、ジャニー氏は助手席の木山氏の体を触りまくり、
「キス! キスしてきなさい」とせがんできたという。バストアップpr

ついに一線を越えてしまうのは、木山氏がテレビに出始めたころ。
いつものようにジャニー氏の舌技で、あっさりと一本抜かれてしまったが、その日のジャニー氏はそれで満足することはなく、再び、木山氏の分身に力をみなぎらせると、馬乗りになって自らの中に木山氏の分身をめり込ませ、「ああ〜ん、ああ〜ん」と嬌声をあげていたというのだ。
これを機に、さらにジャニー氏は木山氏を特別視するようになり、さらに濃厚なプレイを強要され、木山氏もそれに従ったという。

『こんな不幸がデビューには必要なのか......トシちゃんよ、少年隊よ、忍者よ、男闘呼組よ、みんな本当によく我慢したな......これだけのことに我慢したら、アイドルとしてがんばるしかないだろう。成功しなければ、自分のプライドを取り戻せない

そう思いながら、木山氏は陵辱に耐え続け、ついに光GENJIとしてのデビューという夢へのチケットを手に掴んだ。
しかし、その夢は、木山氏の手からスルリと零れ落ちることとなってしまう。
きっかけは、諸星和己のこんな言葉だったという。

「次は木山くんだから。注射打たれる番」

ジャニー氏の部屋にはよく分からない薬品と注射器がいつもあり、それが一体、なんの薬なのか知らされることもないまま、デビューが決まったタレントは強制的に、その注射を打たれていたというのだ

■一体、その注射はなんなのか? 現在のタレントたちも、打たれているのか?prマシェリ


地獄のようなホモ行為には耐え続けてきた木山氏だったが、「ホルモン剤」とも「覚せい剤」とも噂されていたその不気味な注射を受け入れることはできず、
合宿所に行かなくなると、ジャニー氏からのお呼びもかからなくなり、すでに撮影済みだった光GENJIのポスターは、木山氏の写った右端をカットした形で発表され、その存在は"無かったもの"にされたという。

ほかにも、ジュニアたちを裸にひん剥いて四つん這いにさせて一列に並べ、肛門のアップ写真を撮影し、興奮して肛門に舌を這わすジャニー氏、裏ビデオを合宿所に持ち込み、
「見ろ! 女のおま○この醜さを!」と繰り返すジャニー氏、盗聴器を仕掛けたり、
トイレをのぞくジャニー氏、タレントの陰毛を集めるジャニー氏......
ほかにも、都市伝説でしかなかったジャニー氏の、想像以上の変態性がリアルに描かれているのだ。

(引用:サイゾー)

間もなく80歳になるジャニー氏が現役でいられるのも、あと数年だろう。
そのとき、彼はどのように語られるのか。


【画像】ジャニー喜多川⇒ranking
【画像】ジャニー喜多川⇒ranking
【画像】ジャニー喜多川⇒ranking
【画像】ジャニー喜多川⇒ranking
【画像】ジャニー喜多川⇒reading



Sma...

Sma...

価格:1,200円(税込、送料別)



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
僕はジャニー喜多川の愛人だった…元・光GENJIの著者がついに語った真実。性的虐待、ホルモン注射、盗聴器…これがジャニーズ事務所の実態だった。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 僕は嘘つきだった/第1章 ジャニー喜多川の愛人だった/第2章 僕は普通の少年だった/第3章 そして、それは始まった/第4章 僕はジャニー喜多川とセックスをした/第5章 ジャニーズ事務所の真実/第6章 ついにデビューへ/第7章 北公次の告発―僕らは立ち上がった/第8章 ジャニーズをやめてもつきまとう芸能界の汚濁/第9章 ジャニーズとの最終戦争




人気ブログランキングへ
posted by 芸能番長 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック